飼い猫カテゴリの記事一覧

猫の飼い主の責任 − 猫よけ

隣の家の猫が、自分の家の庭に糞をする。」「野良猫に餌を与える人がいて、野良猫の糞害に困っている。」いろいろと猫よけをするのもいいですが、猫の飼い主や餌付けしている人に注意をするのも一つの方法です。

環境省が「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」というものを定めていますので、その抜粋をご紹介します。

>ねこの飼養及び保管に関する基準
>ねこの所有者等は、周辺環境に応じた適切な飼養及び保管を行うことにより人に迷惑を及ぼすことのないよう努めること。

ねこの所有者というのは、猫を飼っている人はもちろんのこと、野良猫に定期的に餌を与えている場合、餌を与えるということは飼育と認められるため、その人も猫の所有者とみなされます。

また、
>所有者等は、自らが飼養及び保管する家庭動物等が公園、道路等公共の場所及び他人の土地、建物等を損壊し、又はふん尿その他の汚物、毛、羽毛等で汚すことのないように努めること。

という記述もあり、別の指針である「犬及びねこの飼養及び保管に関する基準」でも
>犬又はねこの所有者又は占有者は、犬又はねこの本能、習性及び生理を理解し、家族同様の愛情をもって保護するとともに、人の生命、身体又は財産に対する侵害を防止し、及び生活環境を害することがないよう責任をもって飼養及び保管に努め、並びに犬又はねこの所有者は、犬又はねこを終生飼養するように努めること。

とされています。

猫などの動物の権利がよく主張されますが、飼い主の義務も果たしてもらう必要があります。
こちらに「家庭動物等の飼育及び保管に関する基準のあらまし」というパンフレットがありますので、猫を放し飼いにしている飼い主や、餌付けをしている人に渡してみるのも良いかもしれませんね。
猫よけだけで対応できなくなってしまった場合に、考えてみてください。


「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」全文
「犬及びねこの飼養及び保管に関する基準」全文
タグ:猫よけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。