超音波での猫よけグッズ

猫よけには「猫の嫌がる臭いを出すモノ」「猫が警戒するモノ」「猫が物理的に嫌がるモノ(トゲや粘着シート等)」等ありますが、猫の習性からすると「超音波を使用したモノ」が一番有効なのではないでしょうか。
猫よけに使用される超音波というのは、人間にはほとんど聞こえず(まれに聞き取れる人もいますが)猫には聞こえる周波数(音域)の音のことです。このような音を大音量で鳴らされるため、猫が寄ってこなくなるというしくみです。


超音波を使用した猫よけ機は各社からいくつか発売されていますが、今回はガーデンバリアミニをご紹介します。

超音波を使用した猫よけ機は高価な物がほとんどですが、こちらの商品は半年間の返品返金保障がありますので、使ってみて効果がなかった場合は返金してもらえます。ですので、「買ってみたけど効かなくてゴミになった」なんてことはありません。

こちらの商品の特徴は

【猫が来たときだけ超音波を出す】

赤外線センサーにより猫が来たときだけ超音波を出し、猫がその場から逃げ去ると10秒程度で待機モードになります。
電池の消耗を抑えられますので、電池の交換頻度が抑えられます。(1日10回作動したとして、約4ヶ月使用できます)

【猫を傷つけずに追い返す】

猫は飼い猫はもちろんのこと、ノラ猫も法律で保護されています。そのため安易に捕獲したり、殺傷すると処罰の対象になります。
超音波での猫よけは音で猫を追い返すため、猫を傷つけることなく、また環境を汚すことなく猫よけができます。

【慣れによる失敗を無くす】

猫よけでよくあるのが、最初は効いていたけど徐々に効果がなくなってしまったというケースです。
猫は縄張りをもって行動する動物であるため、多少イヤなものがあってもその場所を死守しようとします。環境に変化があると最初は警戒して逃げていきますが、じっくり観察し、それが命に危険が無いと判断した場合はまた戻ってきます。もちろん法律的にもそうですが、倫理的に猫の命を脅かすものを設置する訳にはいきませんので、猫を慣れさせない工夫が必要になってくるのです。
猫にとっては、超音波も長時間聞いていれば慣れてしまいます。これを防ぐには、超音波の周波数を変動させてしまえば良いのです。こちらの商品では、猫の動きによって超音波の周波数をランダムに変動させて猫の慣れを防止ししています。(実用新案)

【簡単設置】

電池を入れて、被害場所に向けて置くだけの簡単設置。電源の配線も必要なく、また、簡易防水ですので雨のかかる場所に置いても大丈夫です。
タグ:猫よけ
この記事へのコメント
購入しました

今夜から使用します


効いてくれればいいんですけどね…
Posted by うりぼう at 2012年06月06日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。