猫のテリトリー意識(猫よけを効果的に使うために)

猫よけ対策にはいろいろとグッズがありますが、猫に有効かどうかを見分けたり、効果的に設置するためには猫の習性を理解しておく必要があります。

ここでは、まず猫のテリトリー意識についてご説明いたします。

猫は日常生活の中で、餌場やトイレ、昼寝等を一定のルートを決めて行動しており、その行動範囲における場所を強く執着します。
自分のテリトリーに入ってきた猫を攻撃するといったことは日常的にみられ、また自分のテリトリーを主張するために、尿をかけるといったマーキング行為を行います。

猫は自分の場所に対する執着心が極めて強い動物のため、猫よけ対策には根気が必要です。

庭の土の上で糞をするため、大きめの砂利を敷き詰めたとしても、猫は砂利を掘り返してでも糞をします。
猫にとっては、排泄がしにくくなったとしても、重要なのはその場所であり、よほど猫がその場所を嫌うようにしなければ、猫よけにはなりません。

そして、気を付けていただきたいのは、猫に怪我をさせるような対策をしてはならないということです。このことは後ほど記述しますが、それが飼い猫の場合であれば器物損壊罪、また野良猫であっても動物愛護管理法にあたる場合もあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。